ハイパー検索


CD


竹内まりや情報

竹内まりや公式
竹内まりや公式2
竹内まりやブログ
山下達郎公式
山下達郎公式2
メーリングリスト
個人的に竹内まりや
たつろーらんど
COZIES
山下達郎BMG

竹内まりやニュース

竹内まりやニュース
竹内まりや画像
竹内まりや動画
竹内まりや掲示板
竹内まりやブログ
竹内まりやグッズ

竹内まりや本


お知らせ

ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板

山下達郎


おすすめ

ボクササイズ
デスノート 映画
スラムダンク 壁紙
手塚治虫 壁紙
インド 株
建築士 事務所
薬剤師 試験
三毛猫
ダージリン
簿記 試験
犬 カフェ
ぜんそく
オフィス資格
道路 混雑
タイピング テスト

Firefox


Powered by
Dr.Blog
[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1]

Loading...

竹内 まりやたけうち まりや1955年3月20日-)は、島根県出雲市大社町出身のシンガーソングライター。自称「シンガーソング専業主婦」。本名、山下 まりや(旧姓:竹内)。山下達郎の妻で、一女の母である。デビュー当時はアイドル歌手だった。血液型はA型。

略歴

出雲大社近くの老舗旅館「竹野屋」主人でもある竹内・大社町(当時)元町長の娘として生まれる。

島根県立大社高等学校在学中に、アメリカイリノイ州に1年間留学。この留学は、AFS(高校生の交換留学団体)の交換留学制度で行ったものであるが、この時のAFSの同期に、国際ジャーナリスト小西克哉がいた。

慶應義塾大学文学部に進学(将来的には通訳をやりたかったそうだ)。在学中に音楽活動(杉真理の所属する「ピープル」旧リアル・マッコイズ)を始める、このサークルで竹内は鈴木慶一の従妹の宮悦子、現在は料亭で女将業の中山ゆき子らとともにバックコーラスグループもやっていた。このサークルは第8回ポプコン関東甲信越大会(1974年9月7日中野サンプラザ)に「踊りに行こう」という曲で参加しているが、同大会には別グループとして佐野元春(バックレイン元春セクション)、庄野真代、桐ヶ谷仁(フェードイン。現在は松任谷正隆氏の経営する音楽学校講師)も参加していた。1978年、シングル『戻っておいで・私の時間』、アルバム『BEGINNING』でデビュー。英文科に進んだが、厳しいことで有名な唐須教光のゼミと音楽活動の両立ができなくなり中退。のち、1979年のシングル『SEPTEMBER』、1980年のシングル『不思議なピーチパイ』などがヒットする。デビュー当初は、松本隆などが提供するアイドルソング的な歌を歌わされていたが、これに飽き足らず間もなく自ら作詞・作曲を手がけるようになった。

この頃アレンジャーとして彼女の前に登場したのが、後に公私共に良きパートナーとなる山下達郎である(もっとも、デビュー以前からまりやはシュガーベイブや達郎のライブを見に行っていたと語っており、特に自らのデビューライブ直前に見た達郎のライブには大きなインパクトを受けたという)。

竹内まりやの結婚前の作品は、山下達郎をはじめ、加藤和彦細野晴臣告井延隆センチメンタル・シティ・ロマンス)、大貫妙子林哲司伊藤銀次杉真理安部恭弘浜田金吾(濱田金吾)といった錚々たる作家が提供し、作品の質は極めて高い。

1981年、アイドル的な活動を要求されることと自身の希望する活動とのギャップから一時休業を宣言、その後1982年に山下達郎と結婚。同時に専業作詞作曲家として活動を開始し、河合奈保子の『けんかをやめて』などのヒットを放つ。しかし、1982年に山下達郎が自身のレコード会社ALFA MOONを設立したことから「記念に一枚」のつもりで、1984年にシングル『もう一度』、そして全曲を彼女自身が作詞・作曲したアルバム『VARIETY』をリリース。ちなみにこのアルバムの構想段階では、以前のように外部作家を起用して制作する予定であったが、休業中に彼女が書きためたオリジナル曲のクオリティの高さに山下達郎が大いに驚き、結果、全曲を自作曲のアルバムとしてリリースすることとなった。

当時は歌手としては既に忘れられた存在でありながら最終的には30万枚以上の大ヒットになった。 その後は育児との両立が難しいこともあり、ライブ活動からは退いたものの、アレンジャープロデューサーを務める夫のサポートを受けながら、シンガーソングライターとして活動を続け、3年間のロングセールスを記録したアルバム『REQUEST』(1987年)や、シングル『駅』(1987年)、シングル『シングル・アゲイン』(1989年)、シングル『告白』(1990年)、シングル『家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)』(1992年)などのヒット作をリリース。1992年にはアルバム『QUIET LIFE』が発売と同時にミリオン・セラーとなり、1994年のベストアルバム『IMPRESSIONS』は売上300万枚を超える大ヒットを記録。

作詞・作曲家としては薬師丸ひろ子の『元気を出して』(1984年、のちに島谷ひとみ2003年同曲を歌った)、広末涼子の『MajiでKoiする5秒前』(1997年)など、多くのヒット作を生んだ。

90年代初め、中国系の歌手・林羽萍(Li'n Yu(pi'ng,英語名 Jessica)がアルバム『久別重逢』の中で『元気を出して』を『清醒之後』としてカバーしている。中国詞は「王中言」で、作曲者は本来「竹内まりや」とすべきところが「熊天龍」という全く違う名前になっている。

2000年7月、約18年ぶりの本格的なライブ(それ以前にも縁故のあるミュージシャンのライブのサプライズゲストに登場し数曲洋楽カヴァーを歌うことはあった)を東京・大阪で行う(ライブ・アルバム『SOUVENIR』収録)。その後もアルバム『BON APPETIT!』(2001年)、カヴァーアルバム『Longtime Favorites』(2003年)などをリリース。2004年には夫のシングル『忘れないで』の作詞を担当など、マイペースながらも着実に活動を続けている。子育てや夫・達郎の作品制作が一段落したことから2006年からリリースを積極的に行うようになり、2007年には6年ぶりにオリジナルアルバムDenim』を発表。『Denim』はオリコンチャート1位入りを果たし、現在でも根強い人気を保っていることを証明した。






『Denim』というアルバム・タイトルの風合い、懐かしさを感じさせる和風建築にたたずむポートレイト、ステキで心地よさを感じさせる曲の数々。一つ一つの曲に込められた温かくてどこか切ないメッセージが、デビュー当時に感じた雰囲気のままの甘い歌声で表現されるわけですから悪いはずがないですね。この『Denim』はまさしく「愛聴盤」の名に値するものでしょう。

ちょっとわすれかけてたけど。このアルバムをきいて竹内まりやの実力とセンスをあらためて思い出しました。まだ、おっさんが、CDなど出ていない頃のこと、カセットテープで夢中でエアチェック(FMを録音するんですよ)してましたっけ。 甘い声にうっとりしながら、聴いた想い出が甦ってきます。 今きいても、全然色あせてない。やはり実力あるんですよね彼女。 メロディーがなんといっても秀逸!
最強のメロデイメーカーと歌の女神が組んだ最高の傑作ポップアルバム。 ありふれた日々のたいせつさ、素晴らしさをさわやかにメロデイアスに唄う「毎日がスペシャル」からエンデイングまで、ドラマの主題歌、CFソングなど日本に棲んでさえいれば聞き覚えのあるタイアップ曲ばかり、事実上、90年代中盤〜のベスト盤なのです!超お得な1枚。

「不思議なピーチパイ」は確か・・・マリアンがモデルの資生堂の化粧品のCMソングでしたね。また「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風」はサントリーPOPという清涼飲料水のCMソングでした。昭和53年頃だったでしょうか?当時の「ザ・ベストテン」の今週のスポットライトとして、竹内まりあさんが、ピンクのスーツ姿で、「♪不思議なピーチパイ」を歌った時は、まだ小学生でしたが、とっても素敵な彼女に憧れました。

80年代は、実力のあるシンガーソングライターがアイドルに 楽曲提供をするケースが多かったので、アイドルにしてみたら 幸福な時代だったかもしれない。 すぐれたシンガーソングライターには、 他のアーティストがカバーできる普遍的な楽曲が書け、 クライアントのニーズに合わせられるような柔軟性と 作家的な資質があるものだ。 そういう意味では、このアルバムは 「ソングライター・竹内まりや」のポテンシャルを証明した アルバムだと言えるだろう。

本当に緊張しているのが分かる2と3の曲間のMCや、フレーズの途中のブレスの音がはっきり録音されていたり、アンコールのセプテンバーの途中...まりやさんの一瞬気が抜けるように聞こえるところがあるけれど、まりやさん自身がリアルタイムでこの曲を歌っていた頃を一瞬思い返したように聞こえて、それが聞く側の当時をフラッシュバックさせるといったライブならではの魅力や臨場感もたっぷり。


歌手に飽き足らず、作詞、作曲をし始めた頃です。本アルバムでも「恋の終わりに」「待っているわ」「little lullaby」の3曲はシンガー・ソング・ライターとしての萌芽と言えましょう。また、「さよならの夜明け」のように、竹内まりや作詞、山下達郎作曲という後のベスト・カップルを彷彿とする曲も収められています。 バックコーラスとしてepoや山下達郎のヴォーカルがとても魅力的な効果を上げています。

学生時代、LPを買ったのが一番最初で、 88年に出た「純金蒸着」やその後の値段変更盤など、 なんだかんだ言って、マスタリングが変わることを期待して、 3〜4回買ったこのアルバムだが、やはりいつ聴いても良い。 山下達郎のコーラスワークももちろんだが、 竹内まりやの持つ特徴的な声と、詩と曲の世界の中に、 非常に鮮烈な印象を持たせる効果を感じるこのCDは、 ほんとにいつ聴いても良い。

FMが音源提供で貴重な存在だった時代、FM雑誌をこまめにチェックしては カセットテープに録音したものです。その頃FMのプログラムでまりやさんのLIVE などもありまして、この作品の中の「J−BOY」や「涙のワンサイデッドラブ」 などを演っておられました。(懐かしいー!!) まだアイドルで行くのか、それともシンガーソングライター的に売るのか、事務所も 決めかねていた頃の作品ですが、今聴いてもPOPSとして充分な出来。

タイトな演奏に乗ったまりやさんの英詞のVOCALが心地良い快作。 LAサイド(旧LPのA面)は当時名うてのスタジオミュージシャンが集い、この時代の LAの香りが馥郁と漂っています。 TOKYOサイド(同上B面)も「モーニンググローリー」を始め佳曲が揃っていて、 この後のまりやさんの名作に繋がる萌芽がそこかしこに感じられます。

本を読むときにBGMによくかけています。もともと好きなアーチストたちの音楽ということもありますが、オルゴールの音がなんとも心地よいですね。それと読書の邪魔にならないのがいいですね。歌詞があるとどうしても気を取られてしまいますから。 時に眠くなってしまうことが、たまに傷かな?

「シンクロニシティ(素敵な偶然)」はどこか懐かしい 明るく心地よいサウンドで“今風”ではありませんが まりやさんらしいサウンドとなっています。 緑いっぱいの中で歌うPV中のまりやさんがナチュラルで美しい。 「返信」は女心を歌った切ない歌詞、しっとりした曲調で こちらもまた彼女らしく切なくも力強い。 PVもストーリー性があり映像がとても美しいです。 まりやさんの声はほんのちょっと耳にしただけでも “あっ、竹内まりやだ”と誰でもわかるという存在感が 日本人女性シンガーの中でも貴重だと思います。

年々竹内まりやは歌に磨きがかかりソングライティングも目を見張るものがあります。『チャンスの前髪』はまりやの王道ポップス『人生の扉』はまりやの最高傑作だと思います。歌詞ではないですが50代だなんて信じられないし、どう見ても30代前半にしか見えないくらいきれいです。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク